ポートフォリオサイトを制作した

ポートフォリオサイトを公開した。かねてより自分の撮影作品集なるものをもってみたかった。年末年始の休みを投資してなんとか形にすることができて、ホッとしている。
自分の作品集、とはいいつつも、厳密にいうと「夫婦共同の」ポートフォリオサイトだ。夫は私より後にカメラを始めたが、いまやそののめりこみ具合には目を見張る。夫婦共同で写真の作品集をまとめる、というコンセプトはなかなか見ない気がするが、どうだろう。私は結構気に入ってる。

フロントエンド

サイト構成は Home, Works の 2 ページのみ。too much だけど React を採用した。実務ですでに Vue.js をさわっているので、別のビューライブラリを使ってみたかっただけ。アプリケーションが必要とする要素に鑑みると、Hyperapp を選択してもよかったかもしれない。双方向バインディングの恩恵を理解できるいい機会になった。

ホスティングサービス

WordPress REST API でバックエンドを API 化しようかと考えていたけど、サイトの更新頻度を考えていったん静的サイトとすることにした。静的ファイルをホスティングしてくれればよいので AWS S3 を検討していたが、調査していると Netlify が最強だせという意見をみかけた。インフラ方面は本当にうといので「楽にデプロイできるならそれで!」という気持ち一心で Netlify を採用。GitHubリポジトリと連携してホスティング設定ができる。やることとしては、(1) リポジトリ/ブランチ登録、(2) ビルドコマンド登録、(3) 公開ディレクトリの登録、(4) カスタムドメインの登録、以上。あとは Git リポジトリに差分を push するだけで、自動的にデプロイしてくれる。あっという間すぎてアレ(しかもここまで無料)。サービス側でよしなにやってくれていることをきちんとキャッチアップしないと。

今後やりたいこと

  • ソースコードをよりシンプルにする
  • 写真の撮影場所や機材情報を付与する

は優先度高で。徐々に拡張していければいいなぁと思う。
せっかくだから、ここを playground として Web デザインの知識も身につけていけたらより望ましい。

いざ作ってみて

以前より撮りためている写真は Instagram に載せていたけど、いかんせん画像の表示サイズが小さくてもったいないね、という話をしていた。これで少しは解決できたかな。コーディングの練習にもなるし一石二鳥。近頃はやりたいことがありすぎるので、ひとつの作業で多角的にスキルを向上できるように工夫をする。これもリオさんの受け売りなんだけども。多くの自由時間がとれない社会人なりの、もがきかたです。