酸いも甘いもすべてをのせて花火は散る

県内の花火大会に出向いた。
規模の大きい花火大会に行ったのは何年ぶりだろう。
縁あって優良席に座ることができたので、一万発の花火は終始眼前で打ち上がっていた。
色とりどりの花火はすばらしい。花火との近さもあってか、没入感がすごかった。まるで宇宙にいるよう。
「帰りが混むから終了前に席を立とうか」という夫との事前の打ち合わせが、爆音とともに一瞬で霧散するのを感じた。

世の中のあらゆるプロダクトやサービスは、単純で大したことのないモノに見えたとしても、作り手たちの多くの思考と、試作と、失敗を経てようやくうまれた結果である。
自分がモノ作りの職につき、実感するようになった(だからコーダーに対して「ボタンいっこ加えるだけでしょ、サクッとやっといて」というノリの言葉をかけるのはオススメしません)。

花火については素人だからよく知らないけど、作るためには高い技術力を求められるのだろう。
作ることはもちろん、成果物をぶっつけ本番で披露する点がすごすぎる。私だったら怖くてデプロイコマンドを打てない。
私の中の花火師ペルソナはおじさんで、「ここ一ヶ月は製作の追い込みでおじさんつらかったろうな」「家族と過ごす時間けずっただろうな」「花火大会が安全に終わってホッとしたろうな」みたいなことをずっと考えていた。
モノからにじみでる作り手の背景を想像すると泣けてしまう。最近はこの思考のせいで本当に涙もろい。まぁ 全部妄想なんだけど。

【Report】UX MILK Workstyle 07 feat. Members Group

UX MILKのイベントに初参戦したのでメモ。
いい塩梅にゆるゆると、とてもいい雰囲気でお話を聞くことができた。

続きを読む

【Report】Vue.js Tokyo v-meetup #4

前回のmeetupに引き続き、v-meetup #4に参加してきた。
Vueは実務で使っていることもあり、参考になる点が多かった。特に関心をもったLTの内容についてメモ。

続きを読む

視覚のトレーニングをしたい

認知の仕方にも人それぞれ個人差がある、ということを最近知った。

「情報を目で見て処理することが得意」か「情報を耳で聞いて処理することが得意」か、という話で、前者は視覚優位、後者は聴覚優位といわれる。

すべての人を明確にカテゴライズするのは難しいという前提はあるものの、どちらが得意かを考えてみるとおもしろい。
偏ってはいないけれど、たぶん私は聴覚優位だ。

立体感のある絵を描けない。風景を覚えられないので、いつまでたっても一人で車の運転ができない。洋楽・邦楽問わずボーカルの入った曲は聴き入ってしまうので、BGMにできない。
対照的に夫は視覚優位。前述したことはすべて正反対の結果で、自覚もある模様だ。

どちらが優位かということに関しては、単なる個人差でしかない。
この話を聞いたとき、「自分の短期〜中期記憶の弱さは、ビジュアルイメージが苦手なことに起因しているのでは?」という仮説が私の中に浮かんだ。
読んだはずの文章が驚くべき早さで記憶から抜け落ちるという、哀しい傾向がある。ブラウザのタブを閉じた瞬間、本を閉じた瞬間に「で、今の話なんだっけ?」なんてのはザラである。

おそらく、目で見て認識した文字が「文字」のまま右から左に抜けている。文を読み、ビジュアルで脳内に再現する作業を省いている。脳にとどまらないのも一理ある。
情報は咀嚼して吸収しないと、血肉にならない。この流し読み癖は早いうちに改善していかないといけない…

スキンケアグッズのレベルを上げた

先日SNSを見ていて、友人が割とお高めのスキンケア用品を揃えていることを知った。
「この子のハイレベルな肌でもここまでしなきゃいけないなら、私が800円の化粧水使ってるのはやばくないか?」と危機感をおぼえたので、半年くらいかけてスキンケアグッズを一新した。

f:id:cnt_kt:20170613230413j:plain

これまた同い年で、私が尊敬してやまない人のひとり・植野有砂さんが愛用するキールズのシリーズ(肌をきれいにしたければ、肌がきれいな人の真似をするのがてっとり早い)。
安くはないけど、モノを選べばそこまでしんどくない価格帯。とはいえ、化粧水+クリームに加えて美容液まで揃えようとすると、ちょっと財布が辛くなってくる。

使ってすぐ、目に見えて肌質が改善した。植物感のある(?)ほどよい匂いもたまらない。
身体の中に入ったり塗ったりするものは、やはりケチケチせず投資した方がいいんだなぁ。

【Report】セキュリティとUXの◯◯な関係

セキュリティとUXの◯◯な関係に無事繰り上がり参戦できたので、行ってきたメモ。

続きを読む

身も心もミニマルになる

今年から、一年の目標をただ一つに絞っている。
毎年いくつも目標を掲げては、夢半ばで年を終えていたことに対する反省である。

今年は英語習得を目標にしていて、専念すると誓ってからもうすぐ半年が経つが、
年初にあれだけ心に誓ったのに、結局いろんなことに手を出してしまったなぁという悔しさがある。
ゴールが曖昧すぎるせいかもしれない。

目標を一つに絞れば、それ以外のあらゆることが自分の定義上では余計なことになるけど、
要素を大胆に削ってしまうことに、漠然とした不安があったようだ。
一年くらいのブランクなら大体のことは取り戻せる、と割り切って日々過ごす必要があったかも。

下半期は「選びとらない、切り捨てる」をもっと自分の中に叩き込む。
優先順位をつける、ではおそらく生ぬるくて、「やるかやらないか」「0か100か」で動いた方が、ごちゃごちゃと考えなくていいんだろうな。

あれこれ同時に成し得ない自分の不器用さを認めること、
あれこれ手を出すことで得られる安心感に惑わされないこと、
このあたりも常に考えながら、取捨選択をしていきたい。です。